今年の浴衣トレンドは、和モダン、古典柄、粋…

大正時代レトロ柄の復刻アレンジや大人っぽい古典柄、洋服を着る感覚に近い粋なDCブランド風浴衣が目につきます。
こうした傾向の浴衣は、いわば、お洒落の上級者編、普段着の洋服でも海外ブランドやそれに準じる国内ブランドの服を結構着こなしている人が多いはずです。

浴衣を選ぶときの目線は、少し海外経験のある帰国子女の様な、外人目線でのジャパネスク、濃い和風が新鮮でお洒落に写る感じです。
または洋服感覚で違和感なく着るためか、シックな感じのものが多いようです。
そして、女性から見て審美眼に合う浴衣といった傾向が強いようです。

グレイルの通販で販売されている浴衣は、トレンドを取り入れながらも、もう少し若い女の子達に受け入れやすく分かりやすいタイプの浴衣がほとんどです。
一言で言えば、「デート浴衣」というのが感想です。

浴衣と言えば、濃紺というイメージを打ち破るような、華やかかつあでやかなローズピンクや赤い色の浴衣
そして大きな花柄にラメプリント!
柄のモチーフは古典的かつモダンなのにもかかわらず、ネイルの世界のように、キラキラと華やかです。
浴衣なのにちょっと着物風な柄や着こなしのためか、本来の浴衣よりは外出着として良さそうです。

giu501_v12giu914_v12zy1387_u
参考商品:
http://www.grail.bz/images/b/giu914_v12.jpg
http://www.grail.bz/images/b/giu501_v12.jpg
http://www.grail.bz/images/b/zy1387_u.jpg

足袋のオシャレも忘れない

そして何より注目なのが、浴衣用レース足袋
浴衣は素足、の固定概念を打ち破る、浴衣に足袋の存在は、実は着物をよく知る人にとっては間違いなことではないそうです。
着物を着なれた年配の方や、舞台関係者はよく浴衣でも足袋を履くそうです。
そういえば、盆踊りを舞う人や阿波踊りの女性達も足袋を履いていますね。

浴衣姿とはいえ、車だけでなく電車や人の混雑する場所を歩き、冷房も効いている場所も多い現在では、
素足では無防備で心もとない状況が多いかもしれません。
真っ白な着物用の足袋では抵抗ありますが、グレイルの通販ページにあるレース足袋ならちょっと履いてみたくなります。
もちろんお洒落に見え、とても新鮮な気持ちにもなれますが、履いている足元がずっと安心に思えます。
黒や白だけでなく、やっぱりピンクもあるのが今時ですね!
km31_v5
参考商品:
http://www.grail.bz/images/b/km31_v5.jpg

普段洋服のコーディネートが無難な女の子が、こんな浴衣を着て現れたら、それだけで男の子は舞い上がってしまいそうですね!